映画監督って何だ! 作品情報

えいがかんとくってなんだ

映画監督総出演!?こんな映画見たことない!

始まりは日本の運命を大きく転換させることになった「二・二六事件」と同じ日。1936年2月26日、雪の降りしきる中、旗揚げされた日本映画監督協会が創立70周年を迎え、580余名の会員の内、200名にも及ぶ映画監督たちが自ら役者・スタッフとして、コント仕立ての時代劇、綿密な再現劇に挑戦し、さらにはインタビューも交えるという賑やかな構成で訴えるのは、「監督は映画の著作権者である」こと唯一つ。

「映画監督って何だ!」の解説

映画は監督の器で決まる、これは伊藤俊也監督の言葉。映画の一切合切に責任を追うこと。それが編集権に伴うリスクなのだという。しかし、すべてを引き受ける覚悟をもって映画をつくったとしても現行の著作権法では、監督に著作権はない。これは驚きだ。音楽家や画家、作家には認められているのに。実は1970年の改正法案で剥奪されてしまったのだが、その経緯も本作の中できっちりと描かれる。訴えるのはストレートに著作権の奪還だが、創立70周年記念のイベントでもあり、たとえ監督たちの演技がぎこちなくてもそこはご愛嬌。3人の監督が同じシーンを競作する劇中劇もあり、説得力とサービス精神に満ちたユニークな映画なのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年11月4日
キャスト 脚本・監督伊藤俊也
音楽宇崎竜童
プロデューサー高橋伴明 林海象 山本起也
出演小泉今日子 佐野史郎 石川真希 原田芳雄 大島渚
配給 マジックアワー
制作国 日本(2006)

(C)伊藤俊也

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「映画監督って何だ!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:51

広告を非表示にするには