トゥモローワールド 作品情報

とぅもろーわーるど

子どものいない世界で、未来を求めて戦う男と、未来へのキーとなる少女……

西暦2027年。ロンドンには移民が溢れ、当局は移民たちを厳しく取り締まっていた。街にはテロが横行し、全てが殺伐としていた。18年間、人類には子どもが誕生しておらず、人々は未来のない世界を生きていた。ある日、エネルギー省官僚のセオは、元妻・ジュリアンが率いる地下組織FISHに拉致される。彼らはセオを利用し、人類救済組織“ヒューマン・プロジェクト”に、人類の未来を担う一人の少女を届けようとしていたのだ……。

「トゥモローワールド」の解説

英国作家界の女王P.D.ジェイムズの「The Children of Men(人類の子供たち)」を映画化した本作。子どもたちの声の聞こえない、銃弾の飛び交う荒んだ未来の世界を描いている。その世界には、テロや銃撃戦、裏切りが満ち満ちている。圧倒的な質量で描く銃撃戦のすさまじさには、思わず圧倒されてしまうはずだ。特筆すべきはアルフォンソ・キュアロン監督が徹底的にこだわったという8分間の長回しのシーン。完璧な計算とスタッフ・キャストの連携がなければ実現不可能なこのシーンだけでも、この映画を観る価値はあるだろう。なぜ、子どもたちが生まれなくなってしまったのか……、今を生きる私たちに深いテーマを投げかけてくる一作だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年11月18日
キャスト 監督アルフォンソ・キュアロン
出演クライヴ・オーウェン ジュリアン・ムーア マイケル・ケイン
配給 東宝東和
制作国 アメリカ=イギリス(2006)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-08-14

未来のデイストピア社会でのサバイバルなgame。人類の起源や再生にも拘わる壮大なテーマをrealに凝視

最終更新日:2019-12-04 14:52:36

広告を非表示にするには