黒い雨 作品情報

くろいあめ

井伏鱒二原作の同名小説の映画化。

昭和20年8月6日、広島に原爆が投下された。その時郊外の疎開先にいた高丸矢須子は叔父・閑間重松の元へ行くため瀬戸内海を渡っていたが、途中で黒い雨を浴びてしまった。20歳の夏の出来事だった。5年後矢須子は重松とシゲ子夫妻の家に引き取られ、重松の母・キンと4人で福山市小畠村で暮らしていた。地主の重松は先祖代々の土地を切り売りしつつ、原爆病に効くという鯉の養殖を始め、毎日釣りしながら過ごしていた。重松の悩みは自分の体より、25歳になる矢須子の縁組だった。美しい矢須子の元へ絶えず縁談が持ち込まれるが、必ず“ピカに合った娘”という噂から破談になっていた。

「黒い雨」の解説

原爆による黒い雨を浴びたために人生を狂わせられてしまった女性と、それを暖かく見守る叔父夫婦とのふれあいを描く。井伏鱒二原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は『女衒』の今村昌平、共同脚本は『ジャズ大名』の石堂淑朗、撮影は『危険な女たち』の川又昂がそれそれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督今村昌平
出演田中好子 北村和夫 市原悦子
制作国 日本(1989)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-10-29

そして本篇シナリオ担当の一人で有る石堂淑朗が松本清張原作のドラマを脚色したNHK連続テレビドラマが何度も映画・ドラマ化されて来た〈霧の旗〉。此方は森正之、岡田茉莉子そして主演は根岸まり子だった

最終更新日:2020-08-07 00:01:05

広告を非表示にするには