仇討崇禅寺馬場 作品情報

あだうちそうぜんじばば

『浪人街(1957)』のマキノ雅弘が監督した異色時代劇。

本多家武術指南、生田伝八郎は、若年の途城宗左衛門に藩内の武芸大会で負けたため、お役御免となった。彼は、折りも折り友人たちと気勢あげる宗左衛門に行き逢ったが、若者の不遜に激怒して宗左衛門を斬り捨て、その足で難波へ去った。これを知って逆上した藩主本多忠直は、己の虚栄のために逆縁を承知で、宗左衛門の二人の兄、治左衛門と喜八郎に脱藩してまでも伝八郎を討つように命じた。一方、伝八郎は難波の沖仲仕の頭万造の家に身をかくしていたが、万造の娘お勝はこの伝八郎をひそかに恋していた。伝八郎は、自分に討手が出たと聞いて討たれる決意をしていた。

「仇討崇禅寺馬場」の解説

山上伊太郎の原案を『大阪物語』の依田義賢が脚色、『浪人街(1957)』のマキノ雅弘が監督した異色時代劇。かつて同じマキノ雅弘が映画化、今回は二度目である。撮影は『抜打ち浪人』の伊藤武夫。主演は『抜打ち浪人』の大友柳太朗、『さよなら港』の堀雄二、『ふたり大名』の千原しのぶ。ほかに風見章子、徳大寺伸、杉狂児など。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督マキノ雅弘
出演大友柳太朗 三島雅夫 風見章子
制作国 日本(1957)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「仇討崇禅寺馬場」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:39

広告を非表示にするには