小次郎燕返し 作品情報

こじろうつばめがえし

『紅蜥蜴』の田坂勝彦が監督した娯楽時代劇。

佐々木小次郎は、小太刀の名手富田勢源の門に入ろうとしたが、彼は頑として受けつけなかった。安川一郎次は、勢源に破れたのを恥じ自刃した。門弟の梢は、女ながらも勢源を討とうと加賀に現われた。小次郎がこれを制した。目を患った勢源は岐阜に向った。小次郎はこれを追い、遂に弟子入りを認めさせた。領主の斎藤義竜は指南役梅津との試合を所望した。寵臣の田村丸が使者に立った。田村丸の弁舌に、勢源も重い腰を上げた。試合は勢源が勝った。梅津の門弟が大拠して勢源を襲った。迎えてたった小次郎の前に、梢が姿を見せた。

「小次郎燕返し」の解説

五味康祐の『小次郎参上』を、『鎮花祭』の松浦健郎が脚色し『紅蜥蜴』の田坂勝彦が監督した娯楽時代劇。撮影は『元禄女大名』の牧田行正。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督田坂勝彦
出演大川橋蔵 中村玉緒 高松英郎
制作国 日本(1961)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「小次郎燕返し」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:36

広告を非表示にするには