もしも昨日が選べたら 作品情報

もしもきのうがえらべたら

煩わしい渋滞や会議は、クリックで消去!人生を早送りした男の巻き戻し不可能な物語。

建築士のマイケルは、家庭を顧みない仕事人間。美しい妻と二人の子供たちは、楽しみにしていたキャンプも行けず、寂しい思いをしていた。働きすぎのマイケルは、自宅でどれがテレビのリモコンかも分からない。全ての電化製品を操れるリモコンを買おうと、深夜も営業しているホームセンターに出かけた。そこで、一風変わった部屋を見つける。そこには、怪しげな従業員・モーティがいて、何でも操作できる最先端のリモコンをマイケルに渡す。それは、電化製品だけでなく、人や時間までも操れる、夢のリモコンだった。

「もしも昨日が選べたら」の解説

さえないパパ役のイメージがすっかり定着したアダム・サンドラーの最新作。『ロンゲスト・ヤード』『Mr.ディーズ』などに続き、本作も自らプロデューサーを兼ね、得意のちょっぴりお下品なハートウォーミングコメディを展開している。このリモコンは、煩わしい時間を早送りしたり、巻き戻したり、人の声を大きくしたり小さくしたり、吹き替えにしたりと、思わず欲しくなってしまう優れ物。操作する時の、DVDのトップ画面に迷い込んだような映像が斬新だ。共演は、『アンダーワールド』のケイト・ベッキンセールと、『キャッチミー・イフ・ユー・キャン』のクリストファー・ウォーケン。監督は、『ウェディング・シンガー』のフランク・コラチ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月23日
キャスト 監督フランク・コラチ
出演アダム・サンドラー ケイト・ベッキンセール クリストファー・ウォーケン
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 アメリカ(2006)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「もしも昨日が選べたら」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-11-25 18:53:25

広告を非表示にするには