紀子の食卓 作品情報

のりこのしょくたく

現代の家族の姿をあぶりだした衝撃のホームドラマ

17歳の平凡な女子高生・紀子は、父・徹三、母・妙子、妹・ユカの家族4人で暮らしている、。田舎の生活や家族との関係に苛立ちを感じていた彼女は、「廃墟ドットコム」というサイトで知り合った女の子たちに悩みを打ち明けていた。彼女たちとなら何でもわかりあえると思った紀子は、家出して東京へと向かう。そして上野駅で、「廃墟ドットコム」の中心ともいえる人物、「上野駅54」ことクミコと出会うのだった…。

「紀子の食卓」の解説

食卓を囲んでの一家団欒…。それは、現代を生きる日本人の多くが共通して持つ「幸せな家族」の姿。しかし、その様子は本物なのか?幸せそうに笑う家族に嘘はないのか?そして自分は本当に自分自身なのか…?そんな現代の家族と社会に結合している虚構と疑問をあぶりだしたのが、この『紀子の食卓』だ。園子温監督自身の原作をもとに、『自殺サークル』の続編として作り上げられた。ともすれば重々しくなりそうな内容を、一人称による語りと場違いとも思えるのどかな音楽で軽妙に描いており、その軽妙さが逆に作品中の出来事の日常感を増幅させている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年9月23日
キャスト 監督・脚本園子温
出演吹石一恵 つぐみ 光石研 吉高由里子
配給 アルゴ・ピクチャーズ
制作国 日本(2005)
年齢制限 R-15
上映時間 158分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「紀子の食卓」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-11-01 00:01:09

広告を非表示にするには