もんしぇん 作品情報

もんしぇん

わたしの中にも海がある……時は止まりまた動き始める

バスが急勾配の道を上って行く。気分が悪くなって途中で降りてしまった“はる”。ふと目にした小さな草舟に導かれるように辿り着いた入り江では、老人たちが泥人形を作っていた。彼らはごく自然に、はるに手伝いを頼み、船に乗せて小さな島に連れ帰る。もと来た道へ戻る術をなくし、妊娠していることも見透かされたはるは、渋々老人たちが暮らす不思議な家に留まることに。そこにもう一人、“作一”という老人が迷い混んでくる。

「もんしぇん」の解説

来るものがいれば去るものもいる。小さな島に辿り着いた人々が、寄り添うように生きる場所で、不思議な体験をする“はる”。演じる玉井夕海は16歳のときに天草の海に出会い、そこで得たインスピレーションをもとに、映画をつくりたいと思い続けてきたという。そんな玉井が企画・脚本・音楽を手がけ、新人の山本草介が初メガホンをとった本作は、まるで一編の詩のような美しさと、生命への敬意に溢れたファンタジーだ。老婆たちの有無をも言わさぬ強引さや、赤の他人であってもその場に居合わせた者を受け入れる寛容さは、海の持つ包容力に似ている。そして、命を育み、死をも受け入れる水の力に逆らわないことが、迷える主人公はるを救うのだ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年8月19日
キャスト 監督山本草介
出演玉井夕海 近藤正臣 玉川スミ 今野鶏三 榎木兵衛
配給 シグロ
制作国 日本(2006)
上映時間 94分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「もんしぇん」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:50:22

広告を非表示にするには