UDON 作品情報

うどん

奇跡を招く粘り腰!おいしい笑顔がきっと待ってる!!

「世界を笑わせてやる!」と一流コメディアンを夢見て単身NYに渡った松井香助が、返し切れないほどの借金を抱え、一度は捨てた故郷・香川に舞い戻ってくる。製麺所を営み、日々黙々とうどんを打ち続けるがんこ一徹な父親は「なにしに帰ってきた」とにべもない。それでも、親友・庄介の紹介でタウン情報誌「さぬき」に職を得た香助は、香川名物さぬきうどんのコラムを企画し、やがて空前のうどんブームが巻き起こるのだが…。

「UDON」の解説

ソウル・フード=“うどん”をテーマに、「踊る大捜査線」チームが挑んだ本作。人を笑わせることの難しさを嫌というほど思い知らされても、まったく懲りない主人公・香助をユースケ・サンタマリアが演じ、その打たれ強さが、波紋のように広がり、周囲にも浸透して行く。ある種の能天気さと、部活のノリの無邪気さで「うどん」を追求して行く彼らの姿に見ている方も楽しくなる。さらに、「ブームは祭り。だから必ず終わりが来る」と、現実を見据えるトータス松本演じる親友・庄介の存在も光る。最終的に笑いの原点に気づかせてくれたり、迷いに迷った回り道も決して無駄じゃないことを教えてくれる作品だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年8月26日
キャスト 監督本広克行
出演ユースケ・サンタマリア 小西真奈美 トータス松本 鈴木京香 片桐仁
配給 東宝
制作国 日本(2006)
上映時間 134分

(C)2006 フジテレビ ROBOT 東宝

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.4点★★★★☆、5件の投稿があります。

P.N.「ゆりん」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2006-09-19

なんでもない日常の物語 なのに、笑えて泣けました稼業を継ぐってとか、 ブームの代償とか考えさせられる場面も。 うどんって、深いなーっとあっ、空腹で見ないで下さいね。

最終更新日:2019-11-22 13:22:51

広告を非表示にするには