愛と死の間で 作品情報

あいとしのはざまで

愛するものを失った男が、もう一度、愛を伝えるチャンスにかける…。アンディ・ラウ主演のラブ・ロマンス

突然の交通事故で、愛する妻を失った医師コウ。いまだ妻を忘れられない彼は医師を辞め、現在は救護隊員として働いていた。ある夜、交通事故に遭遇したコウは、そこで助け出した女性ユンサムに特別なものを感じる。ユンサムの心臓は、亡き妻チーチンから移植されたものだった。コウはユンサムが末期の病におかされているいることを知り、妻と過せなかった日々を取り戻すかのように、残された時間を彼女のそばにいようと決意する。

「愛と死の間で」の解説

いまや香港映画界のトップに立つといっていい大スター、アンディ・ラウ。『インファナル・アフェア』『LOVERS』などで、イイ男っぷりを見せつけてくれた彼だが、今回演じるのは愛するものを亡くし、失意と後悔の中で暮らす元医師だ。アンディにしては、アクションも犯罪もまったく絡まない、100%ラブ・ロマンスというのも珍しい。しかし、死んだ妻への愛をつらぬくため、妻の心臓を移植された女性につくすアンディもまた魅力的だ。偶然が多すぎる展開は、いささか強引だが、それがまた「香港映画らしさ」でもある。とにかく、スターであるアンディを見るための映画なのだから。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年8月12日
キャスト 監督ダニエル・ユー
出演アンディ・ラウ チャーリー・ヤン シャーリン・チョイ アンソニー・ウォン
配給 ムービーアイ エンタテインメント
制作国 香港(2005)
上映時間 102分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「愛と死の間で」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-20 14:22:34

広告を非表示にするには