君はまだ、無名だった。 作品情報

きみはまだむめいだった

スターも最初はみんな無名。夢に向かって奮闘する若者を描いた青春ドラマ

クライアントの意向最優先の楽曲作りやタイトな創作時間などで自分を見失いかけている新進作曲家の和実は、ある日高校時代の恩師・橘が亡くなったことを知らされる。葬儀に参列するため故郷の湘南に戻る中で、彼はいつしか音楽で身を立てたいと純粋に思っていた高校時代のことを思い出していた。気の置けないバンド仲間との日々や、最愛の女性との別れを振り返るうちに、彼はこれまでずっと封印していた事件に向き合うようになる。

「君はまだ、無名だった。」の解説

「仮面ライダー剣(ブレイド)」で主演を演じた椿隆之が、夢を叶えるために奮闘する姿をみずみずしく描いた青春ドラマ。今をときめくアーティストたちも、スタート地点はみんな「音楽が大好き」だったはず。そんな当たり前だけど持ち続けるのが難しい純粋な気持ちを、甘酸っぱい感覚とともに思い起こさせてくれるだろう。いま青春真っ只中の若者はもちろん、現実と葛藤しながら奮闘している大人へ贈る応援歌だ。主人公・和美の恩師橘役の萩原流行が作品に深みを与えている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年4月1日
キャスト 監督葉山陽一郎
出演椿隆之 阪田瑞穂 萩原流行
配給 バイオタイド
制作国 日本(2006)
上映時間 96分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「君はまだ、無名だった。」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:40

広告を非表示にするには