ニュー・ワールド 作品情報

にゅーわーるど

名匠テレンス・マリックが送る、新世界”アメリカ”で出会った異なる2つの文明の男女の愛を描く、感動大作。

1607年、イギリスを出航した船が”ニュー・ワールド”北米ヴァージニアに到着する。しかしそこにはすでに、ネイティヴ・アメリカンの人々が暮らしていた。船には反乱罪で繋がれていたジョン・スミス大尉がいた。船長は彼の命を惜しみ、ネイティヴとの交渉役を託す。しかしスミスはネイティヴの戦士たちに囚われ、処刑されそうになる、その彼の命を助けたのが王の娘ポカホンタスだった。2人は恋に落ちるが、やがてスミスは砦に戻らなくてはならない日が来る。

「ニュー・ワールド」の解説

25年間にわずか3本と超寡作ながらも、作品を発表する度に注目を集め、多くの俳優たちが出演を願うという監督、テレンス・マリック。その待望の新作は、アメリカ人なら誰もが知っているという、ネイティヴ・アメリカンの酋長の娘ポカホンタスの愛の物語だ。物語の中心となるポカホンタスには新人のクオリアンカ・キルヒャー、彼女を愛する2人の男性を、今もっとも旬の俳優コリン・ファレルとクリスチャン・ベールが演じている。スミスを愛したポカホンタスは、イヴのように楽園を追われるという結果を生む。それはニューワールドを汚すことにより国が始まったという、アメリカの起源に対するマリック監督の考えなのだろう。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年4月22日
キャスト 監督・脚本テレンス・マリック
音楽ジェームズ・ホーナー
出演コリン・ファレル クリスチャン・ベイル クオリアンカ・キルヒャー クリストファー・プラマー デヴッド・シューリス
配給 松竹
制作国 アメリカ(2005)

(C)MMV NEW LINE PRODUCTIONS, INC. ALL RIGHTS RESERVED.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ニュー・ワールド」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-06-20 17:04:39

広告を非表示にするには