007/カジノ・ロワイヤル 作品情報

だぶるおーせぶんかじのろわいやる

裏切りを知り、愛を知り、007が誕生する

暗殺の仕事を2度成功させたジェームズ・ボンドは“00(ダブルオー)”の地位に昇格し、最初の任務で、世界中のテロリストの資金源となっている“死の商人”ル・シッフルの存在を突き止める。高額掛金のポーカーで資金を稼ごうとするル・シッフルと勝負するため、モンテネグロに向かうボンドの前に、国家予算である掛金1500万ドルの監視役として財務省から送り込まれた美貌の女性ヴェスパー・リンドが現れる。

「007/カジノ・ロワイヤル」の解説

新ボンドのキャスティングを巡ってはワールドワイドに物議を醸したが、ダニエル・クレイグという選択は間違いではなかった。原作はイアン・フレミングのボンド・シリーズ第1作。ゆえに殺しのライセンスを与えられた諜報員としてはまだまだ未熟で、これまで描かれたボンドたちとは違い、失敗もするし、本気で恋にも-ヴェスパーはシリーズ最高のイイ女かもしれない-落ちる。アクションやセックスアピールだけではない一人の男の複雑な魅力がよく出ている。引き続きジュディ・デンチが演じるMとの辛辣でウィットに富んだ会話もいい。主題歌「ユー・ノー・マイ・ネーム」も、まさに007誕生にふさわしく、新しい始まりを予感させる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年12月1日
キャスト 監督マーティン・キャンベル
原作イアン・フレミング
出演ダニエル・クレイグ エヴァ・グリーン マッツ・ミケルセン ジュディ・デンチ ジェフリー・ライト ジャンカルロ・ジャンニー
配給 ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
制作国 イギリス=チェコ=ドイツ=アメリカ(2006)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「まりも」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2007-01-07

ダニエルクレイグかっこよすぎ!今までのボンドの中で最もスリリングで、スピード感あふれる作品。

最終更新日:2019-10-11 10:26:00

広告を非表示にするには