若親分兇状旅 作品情報

わかおやぶんきょうじょうたび

『ある殺し屋』の森一生が監督した“若親分”シリーズ第六作目。

南条武が軍港に近いその町に来たのは、海軍以来の親友高木少佐の自決の謎を解くためだった。この事件の背景は複雑だった。武は土建屋小山組の女親分千代子や、運送業者で、かつて武の部下だった金杉らが事件に関係あると睨んだ。そして高木が下宿していた家の主人の姪早苗や、飲み屋「月ケ瀬」の亭主から高木の自決前後の言動を聞いた。しかし早苗は、二度と武に会いたくないと言って去ってしまう…。

「若親分兇状旅」の解説

『眠狂四郎無頼控 魔性の肌』の高岩肇がシナリオを執筆し、撮影は『陸軍中野学校 密命』の今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演市川雷蔵 江波杏子 葉山葉子
制作国 日本(1967)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「若親分兇状旅」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:29

広告を非表示にするには