コレラの城 作品情報

これらのしろ

『続道場破り 問答無用』の菊池靖と丹波哲郎が監督したサスペンス時代劇。

竜ノ口藩は回船問屋阿波屋千代蔵に命じた密貿易で莫大な砂金を蓄えた。が、一年後全国に蔓延したコレラで死者続出、おまけに密貿易の科で城主は切腹し、藩は取潰され竜ノ口城は死の街と化した。それから二月、荒廃した城下の旅篭、奈可川屋は砂金につかれた亡者共で賑わっていた。浪人秋月左近もその一人だ。一方、阿波屋の用心棒黒木耀蔵は竜ノ口城の築城家幽斎を責め、砂金のありかを吐かせようとしていた。また、旧竜ノ口藩江戸留守居役田井中典膳をはじめとする虚無僧の一団も、幽斎を奪回しようと暗躍をはじめた。典膳らは、生き残った佐代姫をたて、竜ノ口家再興をくわだてたのだ。そんなある日、左近は典膳に幽斎救出に力をかしてほしいと懇願され…。

「コレラの城」の解説

『第三の忍者』の田坂啓がシナリオを執筆、撮影は『暗殺』の小杉正雄。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督菊地靖
出演丹波哲郎 鰐淵晴子 稲葉義男
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「コレラの城」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:27

広告を非表示にするには