12人の優しい日本人 作品情報

じゅうににんのやさしいにほんじん

東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。

ある殺人事件の審議のために12人の陪審員が集められた。ここに来た12人は、職業も年齢もバラバラな無作為に選ばれた人々。陪審委員長を努める40歳の体育教師の1号、28歳の会社員の2号、49歳の喫茶店店主の3号、61歳の元信用金庫職員の4号、37歳の庶務係OLの5号、34歳のセールスマンの6号、33歳のタイル職人の7号、29歳の主婦の8号、51歳の歯科医の9号、50歳のクリーニング店おかみの10号、30歳の売れない役者の11号、そして同じく30歳の大手スーパー課長補佐の12号。被告人が若くて美人だったことから審議は概ね無罪で始まり、すぐ終わるかに見えたが…。

「12人の優しい日本人」の解説

もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。監督は『櫻の園』の中原俊。撮影監督は『風の国』の高間賢治がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督中原俊
脚本三谷幸喜
出演塩見三省 相島一之 上田耕一 豊川悦司
制作国 日本(1991)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4.5点★★★★☆、2件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-05-29

会議室で12人の陪審員が意見を2転3転して前半はずっとイライラしましたが、後半、豊川悦司さんが加わりだしてから、面白くなり、食い入る様に観ました。観た後心地良い疲労感、個性派の役者さん達最高!三谷幸喜氏も最高!

最終更新日:2020-09-16 14:20:12

広告を非表示にするには