ローマの休日 作品情報

ろーまのじゅうじつ

『黄昏』のウィリアム・ワイラーがローマに出向いて製作監督した1953年作品。

ローマの休日のイメージ画像1

ヨーロッパの各国を親善旅行中のある小国の王女アンがローマを訪れたとき、重なる固苦しい日程で王女は少々神経衰弱気味だった。侍医は王女に鎮静剤を飲ませたが、疲労のためかえって目が冴えて眠れなくなって、侍従がいないのをよいことに王女はひとりで街へ出て見る気になった。が、街を歩いているうちに薬がきいてきて広場のベンチで寝こんでしまった。そこへ通りかかったアメリカの新聞記者ジョー・ブラドリーは、彼女を王女とは知らず、助けおこして自分のアパートへ連れ帰るが…。

「ローマの休日」の解説

王女と新聞記者の恋愛を描くコメディ。原作はアイアン・マクラレン・ハンター、脚色は原作者と『死せる恋人に捧ぐる悲歌』のジョン・ダイトンとの共同である。『ギャングを狙う男』のフランク・プレイナーと『禁断の木の実』のアンリ・アルカンが協力して撮影監督にあたり、『アンリエットの巴里祭』のジョルジュ・オーリックが音楽を担当した。主演は「愛の決断」のグレゴリー・ペックと、初主演のこの映画でアカデミー主演女優賞をえたオードリー・ヘプバーン。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督ウィリアム・ワイラー
出演グレゴリー・ペック オードリー・ヘップバーン マルク・ミシェル
制作国 アメリカ(1953)
TV放映 2019年12月6日 テレビ神奈川(tvk) 映画の時間

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、6件の投稿があります。

P.N.「シルエット」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-09-02

あまりにも有名な名作。
ずっと前にテレビで観たような気もしますが、ちゃんと観たのは初めて。
一言で、さすが名作!!
ストーリーの良さ、オードリー・ヘプバーンの美しさ、気品、相手の男優のグレゴリー・ペックのかっこ良さ、全てが際立っていた。
ラブコメディと言うだけあって、面白さも最高!!
二人の無言のラブロマンスに、涙が溢れた。

最終更新日:2019-12-07 13:22:52

広告を非表示にするには