鬼龍院花子の生涯 作品情報

きりゅういんはなこのしょうがい

原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。監督は『雲霧仁左衛門』の五社英雄。

大正十年、松恵は土佐の大親分・鬼龍院政五郎の養女となった。松恵は政五郎の身の回りの世話を命じられたが、鬼龍院家では主屋には正妻の歌が住み、向い家には妾の牡丹と笑若が囲われており、向い家に政五郎が出向く日を妾二人に伝えるのも幼い松恵の役割だった。ある日、政五郎は女や子分たちを連れ土佐名物の闘犬を見に行った。そこで漁師の兼松と赤岡の顔役・末長の間で悶着がおき、政五郎の仲介でその場はおさまったが、末長は兼松の持ち犬を殺すという卑劣な手段に出る…。

「鬼龍院花子の生涯」の解説

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。
(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演市川雷蔵 野川由美子 成田三樹夫
制作国 日本(1982)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「鬼龍院花子の生涯」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには