喜劇 “夫”売ります!! 作品情報

きげきおっとうります

瀬川昌治が監督した喜劇。撮影は『不良番長』の山沢義一。

神代家は、伊賀上野市きっての富豪であるとともに、由緒ある格式を誇っていた。だが、神代家の当主里子は、男運に恵まれず、過去二回も夫に先だたれていた。彼女は、外聞をはばかって三度目の結婚を諦めていたが、淋しさをぬぐいきれず、気分の優れぬ日々を送っていた。神代産業の副支配人石上弘は、里子の病気を男欲しさの欲求不満とみてとり、神代産業の運転手山内を使って、早速その解消にあたらせた。弘には野心があったのだ。

「喜劇 “夫”売ります!!」の解説

岸宏子の「ある開化」(墨水書房刊)を劇化した花登筐の「喜劇・売らいでか!」を『昭和のいのち』の池上金男と『喜劇 競馬必勝法 一発勝負』の瀬川昌治が脚本を執筆し、(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
出演フランキー堺 森光子 芦屋小雁
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 “夫”売ります!!」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:49:08

広告を非表示にするには