ここに泉あり 作品情報

ここにいずみあり

群馬の地方交響楽団をモデルに、「にごりえ」の今井正が監督した作品。

終戦直後、群馬県高崎市に生れた市民フィルハーモニーは、人々に美しい音楽を与えようとしたマネージャー井田の努力も空しく、団員の生活も成りたたない有様だった。楽団で唯一の女性・かの子は、音楽学校を出たてのピアニストだが、田舎で腕が落ちるのを悩んでいた。新団員のヴァイオリニスト速水は彼女を励ますが、彼自身も同じ苦しみを抱えていた。生活と闘いながら、成長していく楽団と楽団員の姿を描いた作品。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督今井正
出演小林桂樹 岡田英次 岸恵子
制作国 日本(1955)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ここに泉あり」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-28 00:01:02

広告を非表示にするには