THE 有頂天ホテル 作品情報

ざうちょうてんほてる

三谷幸喜の監督第3作は、オールスターキャストで贈る<グランド・ホテル形式>ドラマ

物語の舞台は大晦日の大ホテル。そこに集ったそれぞれの人々に起こるそれぞれのハプニング。彼らに、幸せな新年は訪れるのだろうか?“ホテルアバンティ”の副支配人である平吉はなんとか今日、大晦日を無事に終えたいと願っていた。しかしなぜだか総支配人は行方知れずになり、ホテルにはワケありの人物たちが続々集結。彼の願いもむなしく、トラブルばかりが発生していく。おまけに別れた妻と遭遇。働いていると言えなかった平吉は、授賞式に呼ばれて来たのだと嘘を付いてしまうのだった。

「THE 有頂天ホテル」の解説

現在、日本で最も支持されていると言っても過言ではない脚本家、三谷幸喜。監督としてもたぐいまれなる才能を見せる彼が、『ラヂオの時間』『みんなのいえ』に続き3作目となる極上のエンターテイメント作品を完成させた。高級ホテルで繰り広げられる物語は、三谷お得意の群像劇。気になるキャラクターがこれでもかと登場し、さまざまなドラマを展開させていく。畳みかけるような怒濤のストーリーに翻弄される登場人物たちに、素晴らしいキャストがズラリ勢揃い。ホテルの副支配人、平吉役の役所広司をはじめ、松たか子、佐藤浩市、生瀬勝久、伊東四朗など舞台経験豊富な役者も多く、三谷脚本を十分に活かせる豪華な面々がそろった。多彩なカメラワークも見もの。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2006年1月14日
キャスト 監督三谷幸喜
出演役所広司 松たか子 佐藤浩市 篠原涼子 香取慎吾
配給 東宝
制作国 日本(2005)

(C)2006 フジテレビ 東宝

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:4点★★★★、4件の投稿があります。

P.N.「みゆき」さんからの投稿

評価
★★☆☆☆
投稿日
2006-02-22

ストーリーはまずまずでしたが、いまいちコレというおもしろみやパンチがなく、期待外れのうちに終わってしまいました。もっと笑いたかったですm(__)m

最終更新日:2020-08-12 15:03:02

広告を非表示にするには