ダーク・ウォーター 作品情報

だーくうぉーたー

ジャパニーズ・ホラーをハリウッドでリメイクした、都会の水面に浮かびあがる恐怖の物語

離婚調停中のダリアは、最愛の娘セシリアの親権を得るため、家賃の高いマンハッタンを離れ、集合住宅がひしめく殺伐としたルーズベルト島の、古びたアパートへ引っ越した。暗く不気味な建物に違和感を覚えつつ、新生活を始めたダリアとセシリア。しかし、部屋の天井に広がる黒い染みや、奇妙な水の事故、階上から聞こえる足音に不安を感じたダリアは、親権を奪われるプレッシャーと偏頭痛に悩まされ、悪夢を見るようになる。

「ダーク・ウォーター」の解説

鈴木光司原作、中田秀夫監督の『仄暗い水の底から』を、舞台をニューヨークに移してリメイクされた不気味なホラー。舞台となるルーズベルト島は、イースト・リバーにある細長い島で、コンクリートに囲まれた無機質で冷たい雰囲気が、黒い水の恐怖をかきたてる。さらに、ほぼ全編に渡って降り続く雨と、灰色の空気に満ちた画面からは、不快にまとわりつく湿気がじわじわと伝わってくる。ダリア役にはオスカー女優、ジェニファー・コネリーが扮し、母親としての焦りや、不安と孤独を見事に演じきった。監督は、『モーターサイクル・ダイアリーズ』で知られる、ブラジル出身のウォルター・サレス。本作は初のハリウッド映画となるが、これまで手がけてきた秀逸ドラマと同様、キャラクターの心理をエモーショナルに表現した。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年11月12日
キャスト 監督ウォルター・サレス
出演ジェニファー・コネリー アリエル・ゲイド ジョン・C・ライリー ティム・ロス ピート・ポスルスウェイト ダグレイ・スコット
配給 東宝東和
制作国 アメリカ(2005)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ダーク・ウォーター」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-10-09 14:29:33

広告を非表示にするには