ベルベット・レイン 作品情報

べるべっとれいん

香港映画界を代表する豪華キャストが贈る、男たちの熱い生きざま。スタイリッシュな映像美で、黒社会を描いた話題作

香港黒社会の大ボスのホンの暗殺計画が噂され、配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。ホンの弟分のレフティが跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。その夜、ホンの妻が長男を出産する。病室を見舞うホンとレフティ。レ フティはホンに引退して家族と国外に出ることをすすめる。一方、レストランで働くイックは相棒のターボに誘われ、くじ引きで暗殺者を決める会場のディスコへと向かう。殺す相手の写真を見せられ、ナイフを渡されたイックは夜の町へと飛び出していく…。

「ベルベット・レイン」の解説

この映画では一夜を舞台に、香港を代表する新旧4大スターによる2つの物語が平行して描かれる。まず、大ボスのアンディ・ラウとその弟分ジャッキー・チュンの友情と確執の物語。かつては親友だった2人の心が、すでに遠くなっている。ジャッキーの 暴走を冷静に止めようとする兄貴分アンディ。その姿にウォン・カーウァイのデビュー作『いますぐ抱きしめたい』で2人が共演したことを思い出す人も多いだろう。もうひとつが『インファナル・アフェア』シリーズでアンディとトニー・レオンの若き日を演じた、ショーン・ユーとエディソン・チャンによる成功を狙う2人のチンピラの物語。『インファナル~』では2人の共演シーンはわずかだったので、ファンはここでは十分に2人の掛け合いが堪能できるだろう。最後にその2つの話が1つになるの だが、そこには「ある仕掛け」が施されている。これは見てのお楽しみ。監督はそのスタイリッシュな映像美で、香港では第2のウォン・カーウァイと期待される新人のウォン・ジンポー。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年10月8日
キャスト 監督・原案ウォン・ジンポー
製作総指揮・出演アンディ・ラウ
製作総指揮アラン・タム
出演ジャッキー・チュン ショーン・ユー エディソン・チャン エリック・ツァン
配給 日活
制作国 香港(2005)
上映時間 85分

「ベルベット・レイン」Distributed by Nikkatsu Corp.

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ベルベット・レイン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:26

広告を非表示にするには