駿河遊侠伝 度胸がらす 作品情報

するがゆうきょうでんどきょうがらす

“駿河遊侠伝”シリーズ第三作!!

清水港の次郎長は、人望もあり、子分もふえ、貧しいながらも恋女房おちょうと楽しい毎日をすごすようになった。こうした或る日、関取りの八尾ケ嶽が尾州一の宮の久右衛門を斬ったと、同僚の久六らを連れて逃げこんできた。次郎長は心よくこれを迎え入れた。が、間もなく代官所の手がまわったと知らせがあった。久六たちは顔色をかえて遠州森の五郎親分のもとに逃げだしていった。それから一年次郎長一家に片目の子分石松が仲間入りした。そんなある日、保下田の久六が助っ人をたのみにきた。次郎長はすぐさま子分を引き連れ久六のもとにかけつけた。しかしすでに喧嘩は終っていた。久六の差し出す金を断った次郎長は、一人大恩のある寺津の治助親分の墓参に寄った。そこで次郎長は跡目を継いだ間之助から森の五郎親分が山梨の巳之助に殺され、久六はそれを見て見ぬふりをしていることを聞かされた。

「駿河遊侠伝 度胸がらす」の解説

子母沢寛の原作を「社長忍法帖」の笠原良三が脚色「博徒ざむらい」の森一生が監督した“駿河遊侠伝”シリーズ第三作目。撮影もコンビの今井ひろし。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督森一生
出演勝新太郎 藤由紀子 桑野みゆき
制作国 日本(1965)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「駿河遊侠伝 度胸がらす」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:48:22

広告を非表示にするには