ヒトラー ~最期の12日間~ 作品情報

ひとらーさいごのじゅうににちかん

彼の敵は世界

1945年4月20日。ソ連軍の砲火が押し寄せるベルリン。ヒトラーとその側近たちは、総統官邸の地下要塞に避難していた。もはや敗戦を疑う者はいなかったが、正常な判断力を失ったヒトラーは、わずかに残った軍勢に戦況の挽回を命じ、惨状をさらに悪化させてゆく。狂気の独裁者を前に、選択を迫られる側近たち。最期まで運命をともにしようとする者、袂を分かって逃亡を謀る者、酒と享楽に溺れて現実逃避する者。そんな一部始終を間近で目撃していた総統付き秘書のユンゲは、ある日、ヒトラーから遺書の口述筆記を依頼される―。

「ヒトラー ~最期の12日間~」の解説

史上最も有名な独裁者アドルフ・ヒトラー。過去、チャップリンの『独裁者』や先鋭的な野心作が、この希代の悪漢をパロディや政治的考察の下に描いてきたが、その人間性を正面から描くことは絶対のタブーだった。そのタブーを当事国のドイツが自ら破ったのが今作だ。内容は、歴史家ヨアヒム・フェストの「ダウンフォール」と、ヒトラーの秘書トラウドゥル・ユンゲの回想録「最期の時間まで」に基づいているが、ヒトラーを人間として描くというだけで拒否反応を示す人々がいるのも当然だろう。

結論から言えば、今作は完成度の高い力作であり、ある組織の終焉を描いた悲劇である。多くの場合、失われゆくものは美しい。製作者たちはそのあたりを誠実かつ慎重に演出しているが、忘れてならないのは、最期の日々に人間らしい悲哀を見せる彼らが、史上稀に見る蛮行を行った事実である。どこにでもいそうな好々爺にも映るヒトラーの姿に何を思うかは、今作を観た一人一人の胸に聞くしかない。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年7月9日
キャスト 監督オリヴァー・ヒルシュビーゲル
製作・脚本ベルント・アイヒンガー
出演ブルーノ・ガンツ アレクサンドラ・マリア・ララ コリンナ・ハルフォーフ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 ドイツ(2004)
上映時間 155分

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2021-09-13

独裁者が孤立化しながらも優しさと非情に分裂して行く悲劇性をrealismでもって照射した秀作映画,側近秘書の視点で捉えた処が実に興味深い

最終更新日:2021-09-22 13:39:11

広告を非表示にするには