ライフ・アクアティック 作品情報

らいふあくあてぃっく

海。それは広く、深く、ショッパイもの! 天才監督が放つ“海洋冒険人間活劇”

ライフ・アクアティックのイメージ画像1

海洋冒険家として世界的名声を得てきたスティーブ・ズィスー。彼とその仲間たち“チーム・ズィスー”は、航海の最中、幻の怪魚“ジャガー・ザメ”に出くわし、チームの長老・エステバンがその餌食となってしまう。だが、その冒険を記録した新作映画は散々な酷評を受け、次回作の契約も打ち切りに。さらには愛妻のエレノアも別の男の元に去ってしまうのだった。落ち目となったズィスーの前に「たぶん、アナタの息子です」という若者が現れる。ズィスーは彼をチームの一員に迎えると、“ジャガー・ザメ”を追って最後の冒険に繰り出すが…。

「ライフ・アクアティック」の解説

『天才マックスの世界』『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』でシネフィルたちを熱狂させ、“天才監督、現る!”との評判を得たウェス・アンダーソン監督最新作。ポップでカラフル、シニカルでアヴァンギャルドなタッチは健在にして、これまでの内省的=オタク的な作品世界を「海」という広大なステージに拡大。“ユル~いけどピリッとショッパイ”といった味わいの空想冒険活劇を創り上げた。

主人公ズィスーを演じるのは、ウェス作品の常連ビル・マーレイ。ひょうひょうとしたおかしみと哀愁を同時に表現し、人生の不思議さをまるごと演じきってしまう。さらにオスカーを手にしたばかりのケイト・ブランシェット、奇妙に浮いているウィレム・デフォーら、小規模予算にも関わらず豪華キャストがそろい、天才監督が生んだ奇抜にして愛すべきキャラクターに命を吹き込んでいる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年5月7日
キャスト 監督ウェス・アンダーソン
アニメーションヘンリー・セリック
出演ビル・マーレイ オーウェン・ウィルソン ケイト・ブランシェット アンジェリカ・ヒューストン ウィレム・デフォー
配給 ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)
制作国 アメリカ(2004)

(C)Buena Vista International. All rights reserved

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-01-22

ビル・マーレイ等の奇天烈キャラなウエス・アンダーソン監督ワールド! ?

最終更新日:2019-10-18 13:22:27

広告を非表示にするには