グランド・ブダペスト・ホテル 作品情報

ぐらんどぶだぺすとほてる

ヨーロッパ大陸の東端、旧ズブロフカ共和国の国民的大作家(トム・ウィルキンソン)が語り始めたのは、ゴージャスでミステリアスな物語だった……。1968年、若き日の作家(ジュード・ロウ)は、休暇でグランド・ブダペスト・ホテルを訪れる。かつての栄華を失い、すっかり寂れたこのホテルのオーナー、ゼロ・ムスタファ(F・マーレイ・エイブラハム)には、いくつもの謎があった。どうやって貧しい移民の身から大富豪にまで登り詰めたのか?何のためにこのホテルを買ったのか?なぜ一番狭い使用人部屋に泊まるのか?好奇心に駆られた作家に対して、ゼロはその人生をありのまま語り始める。遡ること1932年、ゼロ(トニー・レヴォロリ)がグランド・ブダペスト・ホテルのベルボーイとして働き始めた頃。ホテルはエレガントな宿泊客で溢れ、伝説のコンシェルジュ、ムッシュ・グスタヴ・H(レイフ・ファインズ)は、ゼロの師であり父親代わりだった。究極のおもてなしを信条とする彼は、マダムたちの夜のお相手も完璧にこなし、多くの客が彼を目当てにホテルを訪れていた。しかし、彼の人生は一夜にして変わってしまう。長年、懇意にしていたマダムD(ティルダ・スウィントン)が殺され、その遺言により貴重な絵画『少年と林檎』を受け取ったグスタヴが容疑者にされてしまったのだ。ホテルの威信を守るため、謎解きに挑むグスタヴとゼロ。コンシェルジュの秘密結社クロスト・キーズ協会(=鍵の秘密結社)や、ゼロの婚約者アガサ(シアーシャ・ローナン)の力を借りて、大戦前夜のヨーロッパ大陸を飛び回る。2人に迫る警察と真犯人の魔の手、そして開戦、果たして事件の真相は……?

「グランド・ブダペスト・ホテル」の解説

「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソン監督が、レイフ・ファインズ(「007 スカイフォール」)、ジュード・ロウ(「サイド・エフェクト」)など豪華キャストを迎えて贈るミステリー。伝統あるホテルのコンシェルジュとベルボーイが、殺人事件の真相解明に挑む。ベルリン国際映画祭銀熊賞・審査員賞受賞作。

「ムーンライズ・キングダム」のウェス・アンダーソンが放つ異色ミステリ。突如、殺人の容疑を掛けられたグランド・ブダペスト・ホテルの伝説のコンシェルジュ、グスタヴ・H。自らの潔白を証明するため、愛弟子のベルボーイ・ゼロと事件の謎に挑む。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2014年6月6日
キャスト 監督ウェス・アンダーソン
出演レイフ・ファインズ F・マーレイ・エイブラハム マチュー・アマルリック エイドリアン・ブロディ ウィレム・デフォー ジェフ・ゴールドブラム ハーヴェイ・カイテル ジュード・ロウ ビル・マーレイ エドワード・ノートン シアーシャ・ローナン ジェイソン・シュワルツマン レア・セドゥ ティルダ・スウィントン トム・ウィルキンソン オーウェン・ウィルソン トニー・レヴォロリ 野村訓市
配給 20世紀フォックス映画
制作国 イギリス=ドイツ(2013)
上映時間 100分

(C)2013 Twentieth Century Fox

動画配信で映画を観よう! [PR]

ユーザーレビュー

総合評価:4.14点★★★★☆、7件の投稿があります。

P.N.「通りすがり」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2023-11-04

ウェスアンダーソン作品を開拓中で、見ました。独特の間や、映像美などとても楽しめました。

内容は濃いような薄いような、でもシリアスになりすぎない感じが良かった気がする。

このかたの作品は好き嫌いが分かれそうですね。

ゼロくんに親近感が湧きました。

最終更新日:2024-04-30 18:13:00

広告を非表示にするには