激流に生きる男 作品情報

げきりゅうにいきる

高橋英樹主演のアクション・ムービー。元ボクサーが港を牛耳る悪に挑む!

外国航路のブラジル丸が修理のため十日間出港延期になった。その船に乗る筈だった船員槙竜太郎は、自動車に轢かれそうになった利夫という少年を助けた。少年の若く美しい叔母さかえは港のナイトクラブ“サファイア"のマダムだったが、お礼に宿泊所を提供し、竜太郎は臨時のバーテンとして働くことになった。その日、黒岩興行の幹部達がやってきて、店を一千万円で譲れと脅迫したが竜太郎に迫払われてしまった。竜太郎は港の悪からサファイアを守ろうと決心した。

「激流に生きる男」の解説

「抜き射ち風来坊」の山崎巌と「大森林に向って立つ」の吉田憲二、「黒い傷あとのブルース(1961 野村孝)」の野村孝が共同で脚本を執筆。野村孝が監督したアクションもの。撮影は「さようならの季節」の横山実。(キネマ旬報 全映画作品データベースより)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督野村孝
出演高橋英樹 二谷英明 吉永小百合 笹森礼子 白木マリ
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「激流に生きる男」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:47:39

広告を非表示にするには