コーヒー&シガレッツ 作品情報

こーひーあんどしがれっつ

渋みと苦味、ちょっぴり酸味が加わった、ジム・ジャームッシュ監督至極の短編集

待ち合わせして会ったのに、大して話もできず居心地悪そうなロベルトとスティーブン。ジョイ&サンキ・リーは、変な顔の店員に付きまとわれる。イギーとトムはおかしな自説で禁煙を破り、パリでは、アレックスとイザックが「問題なし」の押し問答。メグとジャックは共鳴体の実験中で、ビル・マーレイは深夜のカフェでアルバイト。2人の熟練俳優は、撮影の合間にコーヒーとタバコで人生を祝う。取り留めのない会話でおくる、全11篇。

「コーヒー&シガレッツ」の解説

世界で「禁煙」が常識になっている昨今、気楽に一服出来ない愛煙家を喜ばせそうな、ジム・ジャームッシュ監督の短編集。もともと一話目は、1986年に「サタデー・ナイト・ライブ」のために作ったワン・シークエンス。そこから10年かけて撮り集め、独特のテンポでコーヒーとタバコの魔法を披露していく。ジャームッシュ組からは、ロベルト・ベニーニやスティーブ・ブシェミ、そしてトム・ウェイツ。ホワイト・ストライプスやイギー・ポップら人気ミュージシャン、ケイト・ブランシェットやビル・マーレイら実力派俳優も登場する。

アルフレッド・モリーナとスティーヴ・クーガンのエピソードでは、コーヒーの代わりに「ティー」が登場。英国人らしい皮肉とウィットで笑わせる。最後を締めるのは、大御所ビル・ライスとテイラー・ミード。まずいコーヒーと巻きタバコで、ゆるくて粋な時間を見せてくれる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年4月2日
キャスト 監督ジム・ジャームッシュ
出演ロベルト・ベニーニ スティーブン・ライト ジョイ・リー サンキ・リー スティーブ・ブシェミ イギー・ポップ トム・ウェイツ ジョー・リガーノ
配給 アスミック・エース エンタテインメント
制作国 アメリカ(2003)

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2019-06-20

東京オペラシテイ・ギャラリーでアーティスト、トム・サックスの〈テイセレモニーにようこそ〉展を観て居て、ジム・ジャームッシュ監督の本篇の,ノンシャランとしたタッチを想い浮かべてね。茶文化と珈琲・喫茶のカルチャーは似てるかもと…

最終更新日:2019-06-25 16:00:07

広告を非表示にするには