ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~ 作品情報

びよんどざしーゆめみるようにうたえば

世紀のエンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を描くミュージカル・ドラマ

心臓病で15歳までの命と宣告されたボビー少年は、その運命を一台のピアノに変えられる。歌手として大成功を収めたボビーは、1960年、女優のサンドラ・ディーと結婚し、最高の時を迎えていた。しかし、ベトナム戦争が勃発した頃、自分の出生の秘密を知ったボビーは、ショックで家を出てしまう。久々のステージでも、冴えない反戦ソングで客を幻滅させるばかり。そんなある日、サンドラの言葉がきっかけで、ボビーは再びラスベガスのステージに立つことになる…。

「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」の解説

1950年代、60年代のアメリカで、ショービズ界のスターとして君臨したボビー・ダーリンの生涯を、ミュージカル・シーンを交えて描くドラマ。長年、ダーリンとその音楽に心を奪われてきたケヴィン・スペイシーが、自らダーリンになり切り、製作・監督・主演の3役を努めた渾身の一本だ。ビルボードに幾度となく名を飾り、グラミー賞も受賞した輝かしい音楽キャリア、映画やテレビ番組への出演という華やかな人生と、その影にあった苦悩や周囲の支えを通じ、ボビー・ダーリンの素の人間像を映し出していく。

また、スペイシー自身が吹き替えなしで歌う20曲のヒット・ナンバーは、この映画の大きな魅力でもある。ダーリンを生涯支え続けた妻、サンドラ・ディーには、現代ハリウッドで最もフレッシュな女優、ケイト・ボスワース。さらに、ジョン・グッドマンやボブ・ホスキンスら名優が脇を固めている。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年2月26日
キャスト 製作・監督・出演ケヴィン・スペイシー
出演ケイト・ボスワース ジョン・グッドマン ボブ・ホスキンス ブレンダ・ブレッシン グレタ・スカッキ キャロライン・アーロン ウィリアム・ウルリッチ
配給 ギャガ・コミュニケーションズ
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 118分

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-09-24 00:01:01

広告を非表示にするには