天と地と 作品情報

てんとちと

戦国時代を背景に、上杉謙信と武田信玄との対決を描く

天文17年(1584)時は戦国下克上、家臣が主人を倒し、内親同士で相争う乱世の只中、遠く都を離れた北国、越後でも新たな戦いが始まろうとしていた。守護代の位にありながら政務をおざなりにした兄・長尾晴景を討つべく、弟景虎が兵を挙げたのだ。仏教、特に刀八毘沙門天を厚く信仰する景虎は、戦場では軍神の如き冷徹な攻撃ぶりをみせる一方、内心では血を分けた兄に弓をひいた事に対する後悔の念に捉われていた。幼少時より景虎に仕えてきた軍師宇佐美定行は、その迷いを見抜き「乱世の運命からは遁れられぬ」と説くのだった。

「天と地と」の解説

戦国時代を背景に、上杉謙信と武田信玄との対決を描く時代劇。海音寺潮五郎原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は『キャバレー』の角川春樹。共同脚本は『いこかもどろか』の鎌田敏夫と『オイディプスの刃』の吉原勲。撮影監督は『スウィートホーム』の前田米造がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚本角川春樹
原作海音寺潮五郎
脚本鎌田敏夫 吉原勲
出演榎木孝明 津川雅彦 浅野温子 財前直見 野村宏伸 伊藤敏八
制作国 日本(1990)

動画配信で映画を観よう!

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「水口栄一」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-12-07

天と地とを観て、とても感動した。私は歴史物が大好きだが、これはひじょうに迫力があって、パワーを与えてくれたからだ。最高だと思った。浅野温子さんは凄い美人だ。ダイヤモンドのように光っている。大好きだ。

最終更新日:2021-04-07 15:34:20

広告を非表示にするには