東京タワー 作品情報

とうきょうたわー

恋に身を焦がす喜びと痛みを描く、江國香織原作のラブストーリー

売れっ子CMプランナーの妻、詩史(黒木瞳)は、20の年齢差がある透(岡田准一)と出会い、恋に落ちた。それから3年、透と詩史は密やかな愛を重ね続けていた。透の友人である耕二は、同世代の恋人がいながら、主婦の喜美子と付き合い始める。夫への不満を爆発させる喜美子も、耕二の目には愛おしく映る。しかし、求め合う気持ちが強まるにつれ、心の均衡は崩れていく。やがて二組の恋人たちに、ひとつの終わりが訪れる。

「東京タワー」の解説

ベストセラー作家、江國香織の同名小説を映画化したラブストーリー。恋を夢見るには歳をとりすぎ、でも女であることを諦めたくない。そんな中間地点の人妻が、自分と真剣に恋愛をしてくれる若い男と愛し合う。詩史と透には、黒木瞳と岡田准一という美しいコンビが扮しているが、この2人の恋愛は、高級なホテルや食事、ラフマニノフの音楽や海辺の別荘など、ラストシーンに至るまで、とことん豪奢で幻想的だ。

一方、喜美子と耕二の恋愛は、時に痛いくらいに情熱的で現実的。寺島しのぶが、ギリギリに立たされた女の怖さをよく表現している。幻想的であれ現実的であれ、愛されたい、愛されていると感じたい、そんな男女の願いが余情を残す。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月15日
キャスト 監督源孝志
原作江國香織
出演黒木瞳 岡田准一 松本潤 寺島しのぶ 宮迫博之 平山あや 余貴美子 岸谷五朗 加藤ローサ
配給 東宝
制作国 日本(2004)
年齢制限 PG-12
上映時間 126分

(C)2004 東京タワー製作委員会

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、2件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2017-12-28

そして、彼女或いは彼氏を、愛すれば愛するほどに其れをセーブして気遣って、全く逆の行動に駆り立てられて仕舞う処何かもよく描かれていた様に感じた…。一寸切なくてやりきりない気もするんだがー。まぁ、東京タワーが絵画修行の留学先のParisのエッフェル塔にオーバーラッピングして行くストーリーも中々ロマンチック何だ??

最終更新日:2020-02-10 17:02:10

広告を非表示にするには