オペラ座の怪人 作品情報

おぺらざのかいじん

A・L・ウェバーの名作ミュージカルを煌びやかに映画化。光と闇の物語が幕開ける!

19世紀のパリ。オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。クリスティーヌの幼なじみ、ラウルは、彼女の輝きに惹かれ愛を告白するが、「音楽の天使」ファントムはクリスティーヌを地下洞窟へ案内し、自分と共に生きるよう願い出た。しかし、クリスティーヌがファントムの素顔を知ったことから、運命は悲劇へと向かい始める…。

「オペラ座の怪人」の解説

ロンドンのウェストエンド、ニューヨークのブロードウェイを始め、世界18カ国、100都市で観客を魅了するミュージカル「オペラ座の怪人」が、その作り手であるアンドリュー・ロイド・ウェバー自身のプロデュースにより映画化された。煌びやかに作りこまれたオペラ座と、対照的でありながら重厚で豪奢なファントムの地下洞窟など、その映像美には目を見張る。

さらに注目したいのは、3人の中心人物を演じた若手俳優たち。ファントム役のジェラルド・バトラー、クリスティーヌ役のエミー・ロッサム、ラウル役のパトリック・ウィルソンは、劇中のナンバーをすべて自分自身の声で歌い、鳥肌の立つような効果を挙げている。ファントムがオペラ座に住むようになったいきさつなど、ミュージカルには存在しないエピソードを加え、映画ならではの展開も楽しめる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年1月29日
キャスト 監督ジョエル・シューマカー
製作・作曲アンドリュー・ロイド・ウェバー
出演ジェラルド・バトラー エミー・ロッサム パトリック・ウィルソン
配給 ギャガ=ヒューマックス
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 143分

(C)2004 The Scion Films Phantom Production Partnership

ユーザーレビュー

総合評価:4.67点★★★★☆、6件の投稿があります。

P.N.「雪風」さんからの投稿

評価
★★★★
投稿日
2020-08-12

クリスティーヌがラウルとファントムの間をあっちつきこっちつきして二人が嫉妬して殺し合うきっかけを作って最後は伯爵のラウルと一緒になるという胸糞悪い女の話やけど、A,Lウエバーの曲が素晴らしくてついのめり込んでしまいます。歌声がしばらく耳から離れません。

最終更新日:2020-10-06 17:26:12

広告を非表示にするには