新暗行御史 作品情報

あいんあんぎょうおんし

韓国の古典をアレンジした人気漫画が、日韓共作で映画化されたアクション・ファンタジー

かつて聚慎の国には、悪政糾弾の任を追った官吏、暗行御史が存在した。聚慎は滅びたが、暗行御史のムンスは乱世をさまよい続けていた。ある日ムンスは、砂漠で獣医の青年、夢龍に出会う。夢龍は横暴な領主に恋人の春香を奪われ、暗行御史となって成敗することを望んでいたが、砂漠の食人鬼の手にかかり、息絶えた。ムンスは夢龍の故郷へ向かうが、そこには、催眠術によって操られる春香の姿があった。ムンスは、暗行御史の証である馬牌を使い、民衆の力を呼び覚ましていく。

「新暗行御史」の解説

本作は、韓国のユン・インワンが原作、ヤン・ギョンイルが作画を担当する人気コミックを映画化した、初の日韓共作長編アニメーション。圧制を強いる横暴な領主に渇を入れていくヒーロー、暗行御史(アメンオサ)を主人公に、様々な冒険が繰り広げられるアクション劇だ。「この馬牌が目に入らぬか!」とは言わないまでも、展開は韓国版「水戸黄門」。

「暗行御史」や「春香伝」といった韓国古典劇の中に、現代的なアクションを取り入れて、ダイナミックな世界を描き出していく。本作では、ムンスが、聚慎を滅ぼした男との運命の対決を果たすまでに出会った2話のエピソードを、それぞれ完結させているが、今後の展開が気になるところだ。日本でも活躍する韓国タレント、ユンソナや、歌手のイ・ジフンらがナレーションに参加している。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年12月4日
キャスト 監督・脚本志村錠児
監修・プロット本郷みつる
原作ユン・インワン
作画ヤン・ギョンイル
声の出演藤原啓治 小林沙苗 早水リサ 岸尾大輔 福島潤 日高のり子
配給 クロックワークス
制作国 日本=韓国(2004)
年齢制限 PG-12
上映時間 87分

(C)尹仁完・梁慶一/「新暗行御史」製作委員会 2004

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

レビューを投稿する

「新暗行御史」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:38

広告を非表示にするには