続道場破り 問答無用 作品情報

ぞくふぉうじょうやぶりもんどうむよう

山本周五郎の原作による時代劇

大炊介高央は田宮神剣流道場の嫡男で、秀才の誉れが高かったが、師範代で妹みぎわの許婚者である吉岡進之助を道場で斬殺してからは、常軌を逸した行動がめだった。愛息の狂態を案じた父高茂は思案のあげく学友4人をつけて紀州の田宮家に閉じ込めた。庄屋の瀬木久兵衛や百姓娘うめを斬ったり娘なおを山菱に拉致したりの相かわらずの行状を知った高茂は、心ならずも高央の命を縮めることを決意柾木兵衛を送った。

「続道場破り 問答無用」の解説

山本周五郎の原作を、『丹下左膳(1963)』の内川清一郎と、野口泰彦が共同で脚色、菊池靖と松野宏軌が監督した時代劇。撮影は、『道場破り』の太田喜晴と『あらくれ荒野』の関根重行。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督菊池靖 松野宏軌
原作山本周五郎
出演長門勇 丹波哲郎 鰐淵晴子 香山美子 菅原文太 北龍二 山路義人 多々良純 松村達雄
制作国 日本(1964)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「続道場破り 問答無用」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:24

広告を非表示にするには