二人の世界('66) 作品情報

ふたりのせかい

石原裕次郎、浅丘ルリ子主演による歌謡もの

英国の豪華船のデッキで雑誌記者川瀬は、無表情で海をみつめる男の横顔に強くひかれた。どこかで見たことのある顔だ。男はフィリピン人ヴァルガだと名のったが、川瀬が15年前、新米の記者であった頃、少女殺人事件の容疑者で国外逃亡した北条修一こそ、この男にちがいない。その夜、船内のバーで戸川玲子とグラスをかたむける修一は、川瀬の目からのがれるため、玲子の昔からの友達として踊ってくれるよう頼んだ。翌日、デッキで川瀬に声をかけられた玲子は、修一の過去を聞き、彼に強い関心を抱いた。

「二人の世界('66)」の解説

『黒い賭博師 悪魔の左手』の小川英と『男の紋章 竜虎無情』の松尾昭典が共同でシナリオを執筆、松尾昭典が監督した歌謡もの。撮影は『四つの恋の物語(1966)』の岩佐一泉。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督松尾昭典
出演石原裕次郎 浅丘ルリ子 二谷英明 深江章喜 浜村純 嶋計昭 山形勲
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「二人の世界('66)」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-07-17 00:10:34

広告を非表示にするには