秋日和 作品情報

あきびより

小津安二郎が監督した母娘の愛情を描く物語

亡友三輪の七回忌、末亡への秋子は相変らず美しかった。娘のアヤ子も美しく育ちすでに婚期を迎えていた。旧友たち、間官、田口、平山はアヤ子にいいお婿さんを探そうと、ついお節介心を起した。が、アヤ子がまだ結婚する気がないというので、話は立ち消えた。秋子は友達の経営する服飾学院の仕事を手伝い、アヤ子は商事会社に勤めて、親子2人郊外のアパートにつつましく暮している。たまの休みに街に出て一緒に過すのが、何よりのたのしみだった。母も娘も、娘の結婚はまだまだ先のことのように思えた。

「秋日和」の解説

里見トンの原作を、『浮草』のコンビ野田高梧と小津安二郎が共同で脚色し、小津安二郎が監督した母娘の愛情を描く物語。撮影は『いろはにほへと』の厚田雄春。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小津安二郎
出演原節子 司葉子 笠智衆 佐田啓二 佐分利信 沢村貞子 桑野みゆき 島津雅彦
制作国 日本(1960)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「秋日和」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2019-08-21 11:47:01

広告を非表示にするには