妖艶毒婦伝 般若のお百 作品情報

ようえんどくふでんはんにゃのおもも

村井国夫出演の時代風俗もの

浅草阿波徳一座の花形太夫お百は、夜鷹の娘だった。彼女の成熟しきった肌は男を魅きつけたが、お百は見向きもしなかった。しかし、彼女も浪人新九郎の男らしさには惚れ込んでしまった。新九郎は役人の榊兵衛らと、佐渡から江戸に送られる金塊の強奪を企てていたが、お百もその仲間に加わることになった。この計画を開いた大盗賊、音羽の巳之吉は苦い経験を語ったが、もはや中止の時期ではなかった。襲撃は成功した。ところが、勘定奉行の伊織は榊兵衛の裏切りでこの襲撃を知っていたのである。

「妖艶毒婦伝 般若のお百」の解説

高橋猛の原案を『馬賊やくざ』の高由宏治がシナリオ化し、『怪猫 呪いの沼』の石川義寛が監督した時代風俗もの。撮影も『馬賊やくざ』の山岸長樹。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督石川義寛
出演宮園純子 村井国夫 南原宏治 高野真二 小松方正 三島ゆり子 小島恵子 関山耕司 芦屋雁之助
制作国 日本(1968)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「妖艶毒婦伝 般若のお百」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:46:02

広告を非表示にするには