キャットウーマン 作品情報

きゃっとうーまん

しなやかな黒い猫が、夜の街を飛び回る!アメコミのヒロインがスクリーンに参上!

キャットウーマンのイメージ画像1

大手化粧品会社のデザイナー、ペイシェンス(ハル・ベリー)は、会社でもプライベートでも自分に自信が持てない女性。ある夜ペイシェンスは、発売直前の新作クリームに隠された秘密を立ち聞きし、何者かに追われるうちに命を落としてしまう。その時、彼女に不思議な異変が起こる。再び目を覚ましたペイシェンスは、驚異的な反射神経と跳躍力を持つ、自信に満ちたキャットウーマンとなっていた!自分を殺した相手と理由を探るうちに、ペイシェンスはヘデア社の恐ろしい陰謀を知る…。

「キャットウーマン」の解説

『バットマン』に登場するキャラクターの1人だったキャットウーマンが、陰謀と戦うヒロインとしてスポットライトを浴びる。本作は、視覚効果の分野で力を発揮してきたピトフ監督らしい、ファンタジックなエンターテイメント。キャットウーマンは、悪を倒し善をなすヒーローとは違い、あくまでも本能のままに行動する気まぐれな猫だ。黒のレザースーツ姿で、滑らかなアクションを見事に演じたのはハル・ベリー。エキゾチックな表情、大胆で強靭な精神力と肉体美は、ペイシェンスと恋に落ちるローン刑事でなくても、目も心も奪われる。

また、脇役陣も絶妙なキャスティング。社長夫人役のシャロン・ストーンは、老いてなお、美貌と権力にすがりつく悪役を演じ、絶大な存在感を放つ。刑事役、それも女性に翻弄される刑事なら、ベンジャミン・ブラッドはピッタリだ。2時間弱、間違いなくたっぷり楽しめる。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年11月3日
キャスト 監督ピトフ
出演ハル・ベリー ベンジャミン・ブラット シャロン・ストーン ランバート・ウィルソン フランシス・コンロイ
配給 ワーナー・ブラザース映画
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 104分

(C)2004 Warner Bros.Ent. All Rights Reserved (C)2004 Village Roadshow Films (BVI)Limited

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「キャットウーマン」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2020-09-28 00:01:02

広告を非表示にするには