イズ・エー 作品情報

いずえー

息子を裁くのは父親の役目です-。少年犯罪の暗部をえぐる渾身のサスペンス

渋谷で大量の死者を出す無差別爆破事件が発生。犯人は“ホーリー・ナイト”と名乗り、メディアによってカリスマ的存在に祭り上げられる。だが逮捕されたのは、わずか14歳の少年だった…。4年後、少年法の規定で出所した少年の前に一人の刑事が現れる。爆破事件で妻子を失ったその刑事は、少年の再犯を確信していた。そんな刑事に対し、息子に関わらないでくれと頭を下げる少年の父親。2人はそれぞれに父としてのプライドを背負って対峙する。だがそんな2人を愚弄するかのように、またも凶悪な事件が起こってしまう。

「イズ・エー」の解説

神戸の連続児童殺傷事件に触発されたという本作は、条理では図れない爆破事件を起こした少年と、少年の更正を信じる父親、そして事件で妻子を失った刑事、という三者の視点を通して、事件のその後を描く社会派サスペンス。少年法で保護される加害者とやり場のない怒りを抱えて生きる被害者遺族。はたして社会正義とは何なのか-。凶悪な少年事件が起こるたびに議論されるこの命題に、本作はなんらかの答えを導き出そうと試みる。

相容れない想いを抱えた3人の主人公を演じるのは、これが映画初主演となる津田寛治、注目の新進俳優・小栗旬、そしてベテラン演技派の内藤剛志。彼らが悲劇の連鎖に決着をつけるべく鬼気迫る演技を戦わせるラストシーンは、フィクションの枠を超えて、「父であること、男であること」の意味を問いかける渾身の名場面だ。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年10月9日
キャスト 監督・脚本藤原健一
出演津田寛治 小栗旬 内藤剛志 戸田菜穂 水川あさみ 山田辰夫 菅田俊
配給 GPミュージアムソフト
制作国 日本(2003)
上映時間 109分

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「イズ・エー」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2017-12-16 00:01:22

広告を非表示にするには