石井のおとうさんありがとう 作品情報

いしいのおとうさんありがとう

父として、教師として、孤児のためにすべてを捧げた石井十次の半生を描いた人間ドラマ

日系ブラジル人のニシヤマ・ヨーコは、祖父から写真を手渡される。写真の裏には“石井のお父さんありがとう”と書かれていた。ヨーコは、日系人である自分のルーツを探るために、そして“石井のお父さん”とは誰なのかを知るために、祖父の生まれ育った宮崎へ向かう。宮崎の児童養護施設で、園長と出会ったヨーコは、祖父が育った「岡山孤児院」の存在と、孤児に救いの手を差し伸べた“石井十次”という男の存在を知る…。

「石井のおとうさんありがとう」の解説

「暴れん坊将軍」「マツケンサンバII」でおなじみの俳優、松平健主演の重厚な人間ドラマ。福祉という概念がなかった明治時代、遍路の子どもを助けたのをきっかけに3000人もの孤児を救った石井十次の半生に迫る。彼が岡山に作った孤児院には、教育のために私財を投げて学校を併設した。その後、宮崎県高鍋市に移転してから、子供たちが自立できるようにと、施設内に小・中学校を作って教育の徹底を図った。

一度は放蕩に身を持ち崩したものの、改心して立ち直り、“孤児の父”としてたくさんの子どもたちから慕われた彼の、48年の人生に心を奪われること必至だ。共演は、永作博美、辰巳琢郎、竹下景子ら。監督は、実写版『はだしのゲン』などを製作した山田火砂子。

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2005年3月19日
キャスト 監督・脚本山田火砂子
原作横田賢一
脚本青木邦夫 松井稔
出演松平健 永作博美 辰巳琢郎 竹下景子 大和田伸也 ケーシー高峰 石濱朗 星奈優里 牟田悌三 丹阿弥谷津子
配給 現代ぷろだくしょん、新日本映画
制作国 日本(2004)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「石井のおとうさんありがとう」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:48

広告を非表示にするには