アイ,ロボット 作品情報

あいろぼっと

『掟』を破り、暴走を始めたロボットたちが、人間社会を襲うサスペンス・アクション

アイ,ロボットのイメージ画像1

西暦2035年。家庭用新型ロボットNS-5の発売を目前に控えたUSロボティック社で、ロボット工学の第一人者、ラニング博士が謎の死を遂げる。シカゴ市警のスプーナー刑事(ウィル・スミス)は、博士の死をロボットの仕業と読むが、主任のロボット心理学者カルヴィン博士(ブリジット・モイナハン)は『ロボット3原則』を掲げ、人間に危害を加える可能性を全面否定する。そこへ、一体のNS-5が動き出した。それは、3原則をプログラムされていない『特別な』ロボットだった。

「アイ,ロボット」の解説

本作は、SF小説家、アイザック・アシモフの「われはロボット」をモチーフにした近未来アクション。アシモフが作品の中で考え出した「ロボット3原則」(人間に危害を加えない、人間の命令に服従する、前の2条に反しない限り、自己を守る)を軸に、合理社会の落とし穴と人間の過信の怖さを、壮大なエンターテイメントとして描いていく。

ロボット嫌いのスプーナーにはウィル・スミス。頑なにロボットを信じるカルヴィン博士を演じるのは、女優として実力をあげてきたブリジット・モイナハン。2人が、感情を持つロボット、サニーと心を通わせていく様子は、SFの苦手な女性観客にも強く訴えかけるだろう。2003年製のコンバース・シューズが“ヴィンテージ”となってしまう30年後の未来、果たして現実の世界は、ロボットにあふれたメタリックな景色と、合理的な日常に囲まれているのだろうか?

公開日・キャスト、その他基本情報

公開日 2004年9月18日
キャスト 監督アレックス・プロヤス
出演ウィル・スミス ブリジット・モイナハン ブルース・グリーンウッド・ジェームズ・クロムウェル チー・マクブライド アラン・テュディック
配給 20世紀フォックス映画
制作国 アメリカ(2004)
上映時間 115分

(C)2004 TWENTIETH CENTURY FOX [Amazonで購入]

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-03-24

感情のあるロボット、サニーのウインクの表情、限り無いシンパシー…。これ等は確かにSF嫌いな女性にも受け入れられるヒューマニックな要素何だ。アイザック・アシモフのミラクル・ワールドに迷い込んだ様な不思議な映画体験だったね?映画〈キング・コング〉や〈ウエスト・ワールド〉等にも共通した世界観かなー。

最終更新日:2020-12-02 18:41:06

広告を非表示にするには