キューポラのある街 作品情報

きゅーぽらのあるまち

吉永小百合、代表作の一つ

キューポラのある街のイメージ画像1

鋳物の町として有名な埼玉県川口市。銑鉄溶解炉キューポラやこしきが林立するこの町は、昔から鉄と火と汗に汚れた鋳物職人の町である。石黒辰五郎も、昔怪我をした足をひきずりながらも、職人気質一途にこしきを守って来た炭たきである。この辰五郎の勤めている松永工場には5、6人の職工しかおらず、それも今年20歳の塚本克巳を除いては中老の職工ばかり、それだけにこの工場が丸三という大工場に買収され、そのためクビになった辰五郎ほかの職工は翌日から路頭に迷うより仕方なかった。

「キューポラのある街」の解説

早船ちよの原作を『豚と軍艦』の今村昌平と、その門下にあった浦山桐郎が共同で脚色、監督した社会ドラマ。撮影は『ずらり俺たちゃ用心棒』の姫田真佐久。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・脚色浦山桐郎
原作早船ちよ
脚色今村昌平
出演東野英治郎 吉永小百合 市川好郎 鈴木光子 森坂秀樹 浜村純 菅井きん 浜田光夫 北林谷栄 殿山泰司
制作国 日本(1962)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、3件の投稿があります。

P.N.「三蔵」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2020-09-24

吉永小百合主演映画のデビュー作にして最高傑作。
これ以降の日活青春映画は浜田とのラブストーリーになって面白くない。

当時17歳の吉永の美貌はまるで妖精、貧困一家に育ちながらも弟やその友人を悪の道から脱出させる正義感は後に反戦運動に入る原動力か。

カラー版が見たい。

最終更新日:2020-10-21 17:56:37

広告を非表示にするには