任侠興亡史 組長と代貸 作品情報

にんきょうこぷぼうしくみちょうとだいちん

降旗康男が監督した組長シリーズ第3作

数年前、博徒流星会との抗争事件がもとで、組員の大半を検挙されて風間組は解散した。そして組長風間は今、一クラブのマスターとして綾子とともに静かな生活を送っていた。そこへ、元幹部の清水が6年ぶりに仮釈となって現われた。彼は奪われた手形がもとで、流星会に狙われていたが、その始末に奔走するうちに、流星会がヤクを扱っているというネタをつかんだ。堅気になった風間にとって、この話は迷惑だったが清水のため、遂に決心するのだった。

「任侠興亡史 組長と代貸」の解説

『日本女侠伝 真赤な度胸花』の笠原和夫と『昭和残侠伝 人斬り唐獅子』の長田紀生が脚本を共同執筆し、『日本女侠伝 真赤な度胸花』の降旗康男が監督した組長シリーズ第3作。撮影は『不良番長 王手飛車』の星島一郎が担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督降旗康男
出演鶴田浩二 佐藤允 待田京介 工藤明子 沢村忠 大木実 菅井一郎 山本麟一 八名信夫 室田日出男
制作国 日本(1970)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「任侠興亡史 組長と代貸」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:42

広告を非表示にするには