喜劇 男の腕だめし 作品情報

きげきおとこのうでだめし

ストリップ小屋主と、新米刑事の攻防戦を中心にストリッパーたちの生活を描く喜劇

相模拘置所前-。公然ワイセツ罪で拘置所へ入れられていたストリッパーのお駒をストリップ劇場の“春風ミュージック”の小屋主の庄助が出迎えた。早速、仮釈放のお駒を連れて警察に挨拶に出かけた庄助は転任したばかりの若い新米刑事小原松太に会った。だがこの2人、出逢いから気が合わない。松太の父は警官だったが殉職し、そのため松太は父親以上に立派な警官になろうと夜間大学に通っていた。松太には夜間大学で事務をしている冴子という恋人がいるが、彼は副収入を得るために自分のアパートを友人の情事の場所として貸しているので、2人のデートは外ばかり。

「喜劇 男の腕だめし」の解説

ポルノ取締りの目をくぐるストリップ小屋主と、取締りに躍起となる新米刑事の攻防戦を中心に、彼らを取り捲くストリッパーたちの生活を描く喜劇。脚本は永井素夫と『大事件だよ 全員集合!!』の田坂啓、監督は『喜劇 男の泣きどころ』の瀬川昌治、撮影は『宮本武蔵(1973)』の丸山恵司がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督瀬川昌治
出演フランキー堺 湯原昌幸 芦屋雁之助 太地喜和子 ビーバー 市原悦子 春川ますみ
制作国 日本(1974)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「喜劇 男の腕だめし」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:41

広告を非表示にするには