夜のバラを消せ 作品情報

よるのばらをけせ

石原裕次郎、由美かおる共演のアクション

政界から引退し、愛人の鶴代とともにひっそり余生を送っている千成は、現在の腐りきった政治に腹をたて、部下の徳川新六を使い自主党を津守とその資金源銀座の洋品店主中戸川、同じく大阪の麻薬王田門の失脚を計っていた。そして千成は、津守達が近い内に香港のバイヤー郭文成と、麻薬の大取引を計画し、彼等の周辺は極度に警戒を強めている、という情報をキャッチしていた。そこで、津守達の女を誘惑し、彼等を不安な状況に陥らせる、それが千成から新六への命令だった。

「夜のバラを消せ」の解説

柴田錬三郎の原作から、『女犯破戒』の下飯坂菊馬と、『地獄の波止場(1965)』の瀬川昌治が共同でシナリオを執筆。『日本仁侠伝 血祭り喧嘩状』の舛田利雄が監督したアクションもの。撮影は『赤いグラス』の山崎善弘が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督舛田利雄
出演石原裕次郎 由美かおる 芦川いづみ 西尾三枝子 宮城千賀子 斎藤チヤ子 白木マリ 東野英治郎
制作国 日本(1966)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「夜のバラを消せ」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:24

広告を非表示にするには