男はつらいよ 寅次郎子守唄 作品情報

おとこはつらいよとらじろうこもりうた

“男はつらいよ”シリーズ第14作目

秋も深まったある日、フーテンの寅こと車寅次郎は九州は唐津のおくんち祭りで稼いだ後、呼子港の木賃宿で風采のあがらない赤ん坊連れの男と偶然泊り合わせた。何か訳のありそうなこの男に同情した寅は、酒をおごって元気づけてやったのだが、翌朝、寅が目を覚ますと「この子をよろしくお願いします」という置き手紙を残して、男は消えた。驚いた寅は、乳飲み児を抱えて右往左往。弱りぬいた寅は、苦心惨たんして、妹のさくらやおいちゃん、おばちゃんのいる葛飾・柴又の“とらや”へ辿りついた。

「男はつらいよ 寅次郎子守唄」の解説

“男はつらいよ”シリーズ第14作目。今回は寅さんが旅先でひょんなことから預ってしまった赤ん坊をめぐって捲き起こる騒動を描く。脚本は『男はつらいよ 寅次郎恋やつれ』の朝間義隆、原作・監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督・原作・脚本山田洋次
脚本朝間義隆
音楽山本直純
出演渥美清 倍賞千恵子 十朱幸代 下絛正巳 三崎千恵子 前田吟 中村はやと 太宰久雄 佐藤蛾次郎 笠智衆
制作国 日本(1974)

手軽に動画で視聴する

ユーザーレビュー

総合評価:5点★★★★★、1件の投稿があります。

P.N.「pinewood」さんからの投稿

評価
★★★★★
投稿日
2018-10-09

NHKテレビ番組ごごナマでゲストに女優の十代幸代の回でマドンナの看護婦役の本編の事が話題に為った。プライベートで大変な時期に撮影されたので笑顔のキャラとは裏腹の心境だった。山田洋次監督から陽気さを誉められた時はやったーと思ったと。寅次郎の渥美清は事情を知っていたから其の分、余計に明るく振る舞っていたのだとか。生放送ドラマ「バス通り裏」の苦心談等も披露

最終更新日:2019-05-20 16:01:14

広告を非表示にするには