血文字屋敷 作品情報

ちもじやしき

林不忘原作“魔像”を映画化

江戸小町と評判の高い園絵と偉丈夫、神尾喬之助とは似合の夫婦であった。だが彼と園絵をはり合って敗れた番士組頭戸部近江之介は喬之助を事あるごとにいためつけた。しかも同僚である17人の全番士までもが、上司を叔父にもつ戸部の顔色を伺っては罵しり、いたぶり、果ては喬之助の婚礼の日にさえ狼藉に及ぶといった有様。事情を察した町奉行大岡越前守の励ましもあり耐え忍ぶ日々であったが喬之助も人の子、番士総登城の日にとうとう怒りを爆発させて戸部を斬り、17人の番士に復讐を誓って姿を消した。

「血文字屋敷」の解説

林不忘原作“魔像”より『勢揃い関八州』の結束信二が脚色、『胡蝶かげろう剣』の工藤栄一が監督した仇討ちもの。撮影は『鉄火若衆』の松井鴻。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督工藤栄一
出演大友柳太朗 丘さとみ 久保菜穂子 桜町弘子 多々良純 三島雅夫 山城新伍
制作国 日本(1962)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「血文字屋敷」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:14

広告を非表示にするには