風速40米 作品情報

ふうそくよんじゅうめーとる

お馴染み石原裕次郎のアクション・ドラマ

北アルプスの山小屋で、滝今日子は滝颯夫と知り合った。不良学生に襲われたのを、彼が救ってくれたのだ。颯夫は工科の大学生で、父は羽根田工務店の技師長だった。彼は父の会社に就職したかったが、父は何故か敵会社の和泉建設をすすめた。羽根田工務店の士門技師が墜落死した。父が結婚し、相手の連れ子が今日子だった。颯夫は和泉建設の試験の日、友人根津の姉・シャンソン歌手踏絵がパリから帰って来るのを知ると、羽田に迎えに行った。彼女の車に和泉建設社長・早田が同乗していたのを、彼は知らなかった。

「風速40米」の解説

お馴染み石原裕次郎のアクション・ドラマ。なかでも、颱風下の大アクションが売り物。雑誌「平凡」連載の松浦健郎の原作を、原作者自身が脚本化し、『霧の中の男』の蔵原惟繕が監督を、『死の壁の脱出』の横山実が撮影を、それぞれ担当した。

主演は『素晴しき男性』のコンビ、石原裕次郎・北原三枝。ほかに、『運河』の渡辺美佐子、『知と愛の出発』の川地民夫。助演に、宇野重吉、山岡久乃、金子信雄とヴェテランを揃える。色彩はコニカラー。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督蔵原惟繕
原作・脚色松浦健郎
出演石原裕次郎 北原三枝 渡辺美佐子 川地民夫 宇野重吉 山岡久乃 金子信雄
制作国 日本(1958)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「風速40米」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2021-03-29 00:01:03

広告を非表示にするには