侠花列伝 襲名賭博 作品情報

きょうかれつでんしゅうめいばくと

豪華出演陣による任侠もの

昭和初期の湯治場上州鹿沢。芸者・志満は、追われた旅の博徒・柿沢高次を救った。2人の間には愛が芽生えた。しかし志満は、温泉を仕切る向田組の若棟梁・向田周吉の許婚だった。その頃、湯元の権利を狙っていた本堂組の源蔵、万蔵の父子は、高次を追ってきた太平組の太市ら兄弟と結託して、向田組の勧進賭博で、周吉に恥をかかせた。翌朝、太平組は、志満宅に踏み込んだ。高次と一緒に生きようと決心した志満は、高次の助けで、東京での再会を約して逃れた。上京した志満は、小料理屋・川重に住込んだ…。

「侠花列伝 襲名賭博」の解説

『海はふりむかない』の星川清司が脚本を書き、『前科・ドス嵐』の小沢啓一が監督した任侠もの。撮影は、『日本残侠伝』の横山実が担当した。(キネマ旬報 全映画作品データベースより抜粋)

公開日・キャスト、その他基本情報

キャスト 監督小沢啓一
出演松原智恵子 藤竜也 高橋英樹 梶芽衣子 江原真二郎 細川ちか子 植村謙二郎 見明凡太朗 深江章喜 佐野浅夫
制作国 日本(1969)

ユーザーレビュー

レビューの投稿はまだありません。

「侠花列伝 襲名賭博」を見た感想など、レビュー投稿を受け付けております。あなたの映画レビューをお待ちしております。

最終更新日:2016-02-12 15:45:06

広告を非表示にするには